ニュージーランドワインの有名な産地は?

スポンサーリンク
海外旅行

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

〇ニュージーランドワインの歴史

〇ニュージーランドワインの特徴

〇ニュージーランドの有名なワイナリー地区

 

こちらの記事を読んでいただきますと、ニュージーランドワインの有名な産地についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

今回の記事もニュージーランド 在住17年のウランさんが書いています。

 

 

スポンサーリンク

ニュージーランドワインの有名な産地はどこ?

ニュージーランド ワイン 産地

 

インターナショナルワインチャレンジなどでも賞を受賞するニュージーランドワイン。

ワイン好きなら一度は産地を訪れてみたいもの。

では、有名な産地はどこでしょうか?

 

 

ニュージーランドのワインの歴史

ニュージーランドのワイン造りとブドウの栽培は、ニュージーランドの植民地時代に遡ります。

 

1836年、英国居住者で熱心なワイン醸造家ジェームスバスビーは、地元のイギリス兵のためにワイタンギ近くの土地でワイン造りをおこないました。

1851年、フランスのローマカトリックの宣教師は、聖体拝領のワインを作るためのブドウ園を設立しました。

 

 

このブドウ園は現在、ホークスベイのミッションエステートワイナリーの一部であり、ニュージーランドで最も古いブドウ園となっています。

 

ウィリアム・ヘンリー・ビーサムは1881年に彼のマスタートンのブドウ園でピノノワールとエルミタージュ(シラー)のブドウをニュージーランドで最初に栽培した開拓者として認識されています。

 

 

1895年、ブドウ栽培者であり醸造家である専門コンサルタントのロメオブラガトは、ニュージーランド政府の農業省からワイン醸造の可能性を調査するために招待されました。

ビーサムのエルミタージュを試飲した後、彼はワイララパ地方とニュージーランドが「ブドウ栽培に非常に適している」と結論付けました。

 

19世紀後半から20世紀初頭にニュージーランドに到着したダルマチアの移民は、ブドウ栽培の知識を持ち込み、西オークランドと北オークランドにブドウを植えました。

彼らのブドウ園では、自分たちのコミュニティの口に合うように、テーブルワイン、シェリー酒とポートを生産していました。

 

1973年、モンタナ(現在のブランコットエステート)がマルボロ―地方に最初のブドウ園を設け、最初のソーヴィニヨンブランを生産しました。

 

ニュージーランドワイン産業の構造と技法

ニュージーランドのワインメーカーは様々な生産技術を採用しています。

 

欧州の協働組合モデルは一般的ではありませんが、1970年代のワイン製造ブームが始まって以来、ワイン製造業者向けの果物の契約栽培はニュージーランド産業の特徴となっています。

一部の生産者は他の地域の契約果実を使用して、市場に出すさまざまな品種を補完しています。

 

たとえば、オークランドの生産者市場は「マールボロソーヴィニヨンブラン」、マールボロの生産者市場は「ギズボーンシャルドネ」と呼ばれます。

契約栽培は、ニュージーランドのワイン産業に先駆けて行われてきた土着の農業産業手法の1つです。

 

 

もう一つの例はニュージーランドの酪農産業の基準から適用されたワイン製造でのステインレススティールの使用です。

ステインレススティールの普及は、ほぼ確実にニュージーランドのワインスタイルと国内の味覚の両方に顕著な効果をもたらしました。

 

国際的に話題になった初期のワインは、ワインの果実の強度と純度が高く評価されていました。

実際、強い酸味にもかかわらず、非常にドライなワインスタイルを好みました。

 

ニュージーランドワインの有名なワイナリー地区

 

ニュージーランドワイン産地|ワイへキ島

ワイヘキ島は、オークランドの東にあるハウラキ湾に浮かぶ島です。

 

乾燥した暖かい中気候を持ち、シラー、メルロー、カベルネソーヴィニヨン、および白ブドウ品種シャルドネとフランス赤ブドウ品種のピノ・グリが主に植えられています。

生産されるボルドースタイルの赤ワインは、かなり熟したフルボディで、ニュージーランドでも最高のワインと見なされています。

 

ストーニーリッジ・エステートの「ラローゼ」は国際的な評価を得ており、世界最高のボルドーワインと比較されたり、シャトー・ラトゥールやシャトー・ロスチャイルドなどと好意的に比較されたりもします。

 

 

ニュージーランドワイン産地|クメウ

オークランド市の西にある小地域です。

 

この地域は優れたシャルドネが最も注目に値します。

クメウリバーやソルジャンエステートのシャルドネが評判です。

シャルドネはクメウのブドウ畑の85%を占め、ピノ・グリとピノノワールが残りの大部分を占めています。

 

 

ニュージーランドワイン産地|マタカナ

オークランド市の北約60キロメートルに位置し、北と西の丘陵によって風から保護された暖かい中気候を持っています。

 

マタカナのワイナリーはほとんどが小規模で、非営利的な生産量となっています。

この地区でワインは1960年代に作られ始めましたが、現在の最も古いブドウ園は、1990年代初頭に設立されたヘロンズフライト、プロビデンス、ランソムワインです。

ここではイタリア、フランスの品種のぶどうが多く栽培されています。

 

 

ニュージーランドワイン産地|ギズボーン

世界で最も東にあるぶどうの産地です。

 

1,371ヘクタールのぶどう園のほとんどがギズボーン市周辺の比較的小さな地域に集中しています。

シャルドネとゲヴュルツトラミネールが多く栽培されています。

 

 

ニュージーランドワイン産地|ホークスベイ

ホークスベイはニュージーランドで最も古く、2番目に大きなワインの産地です。

メルローとシラーの赤ワイン、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、ヴィオニエを中心とした白ワインで有名です。

 

 

ニュージーランドワイン産地|ワイララパ

1970年代の慎重な科学的研究に基づいて最初にぶどうが植えられた地域です。

 

ピノノワールの栽培に最適な土壌と気候であるとされています。

ワイララパ地区のワイナリーまたは商業生産者は2016年までに119となり、総ブドウ園面積は1,005ヘクタールでニュージーランド全体の約3%でした。

 

このエリアのほぼ半分はピノノワールで、あとは主にソーヴィニヨンブランで、他にもピノ・グリ、シャルドネ、シラーの小さなエリアがあります。

 

 

ニュージーランドワイン産地|マーティンボロ―

マーティンボローは、ウェリントンの東75キロの南ワイララパにある小さなワインの村です。

 

長く乾燥した秋の真の涼しい気候は、ピノノワールやソーヴィニヨンブラン、ピノ・グリ、シラーなどの品種に理想的な熟成条件を提供します。

マーティンボローのワイナリーは比較的小規模で(通常は家族経営)、量よりも品質を重視しています。

 

 

ニュージーランドワイン産地|ネルソン

ネルソンはニュージーランドで最も日照時間が長く、年間平均日照時間は2400時間を超え、トスカーナとほぼ同じです。

 

長い秋は、後期収穫の高級ワインの生産を可能にします。

この地域の有名なワイナリーには、2012年の「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したレイモンド・チャンのノイドルフ・ヴィンヤードが含まれます。

 

 

ニュージーランドワイン産地|マルボロ―

マールボロは、ニュージーランド最大のワイン産地であり、国全体のワイン生産量の4分の3を占め、ブドウ園全体の70%を占めています。

国際的にも最も認知されており、そのワインはニュージーランドの2019年のワイン輸出量の85%を占めています。

マールボロはソーヴィニヨンブランで国際的に有名で、ピノノワールも注目を集めています。

 

 

ニュージーランドワイン産地|ワイパラバレー

ピノノワールの栽培で有名な地域で、グレイストーンワインは2014年にピノノワールのデカンタインターナショナルトロフィーとニュージーランドトロフィーを獲得しました。

この地域の白ワインには、ソーヴィニヨンブラン、リースリング、ピノグリ、シャルドネなどの最も一般的な品種のワインが含まれます。

 

 

ニュージーランドワイン産地|ワイタキバレー

2000年初頭に最初のぶどうの植え付けが行われた若いエリアです。

この地域のピノノワール、ピノ・グリ、リースリング、シャルドネ、ゲヴュルツトラミネールのワインの品質と個性の評判は急速に高まっています。

特にピノノワールは、ニュージーランドの他の地域とは性格が異なり、セントラル・オタゴ・ピノ・ノワールよりも控えめで繊細な独特のテロワールを表現することが証明されています。

 

 

ニュージーランドワイン産地|セントラルオタゴ

セントラルオタゴには、世界で最も南に位置するワイン生産地です。

ブドウ園は、ニュージーランドでも最も標高が高く、海抜200〜400メートルに位置しています。

 

 

まとめ

ヨーロピアンの入植者が早くから始めたニュージーランドのワイン造り。

各ワイナリーの規模は比較的小さいですが、全国に有名なワインの生産地が点在しています。

この記事はニュージーランド在住17年のうらんサンが書いています。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/matome-newziland/ target=]

コメント

タイトルとURLをコピーしました