ニュージーランドのペンギンに会える季節と場所は?

スポンサーリンク
海外旅行

・ニュージーランドのペンギンの種類

・ニュージーランドツアーでペンギンに会えるベストスポットと時期

 

こちらの記事を読んでくださいますと、ニュージーランドツアーでのペンギンに会える季節をご理解いただけます。

それでは解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

ニュージーランドで会えるペンギン|季節と場所?

ニュージーランド ペンギン 季節 場所

 

たくさんの種類のペンギンが生息しているニュージーランド。

ペンギンパレードを見られる、ニュージーランド へのツアーにベストな季節はいつだと思いますか?

 

ニュージーランドで会えるペンギンの種類

ニュージーランドの海岸には、他のどの国よりも多くのペンギンが生息しています。

 

世界には、合計18種類のペンギンが生息しています。

ニュージーランドでは、そのうちの13種類が観測されています。

 

そのうちの9種類が、ニュージーランドで繁殖します。

ニュージーランド本土で繁殖するのは、以下の3種類です。

  • イエローアイドペンギン(マオリ名:ホイホ)
  • フィヨルドランドペンギン(マオリ名:タワキ)
  • リトルブルーペンギン(マオリ名:コロラ)

これらの種のうち、リトルブルーペンギンは世界最小のペンギンです。

 

  • マールボロサウンド
  • アカロアハーバー
  • オアマル
  • ダニーデン
  • スチュワート島
  • オークランドのティリティリマタンギ島

に夜上陸してくるのが、確認されています。

成鳥は5月から6月に上陸して巣を作ります。

 

彼らは、海から1.5 kmくらいまでの距離を歩き回り、最高約300 mほど登って完璧な巣の場所を見つけます。

また大人のペンギンも11月から3月にかけて2週間ほど、羽毛を落として防水コートを成長させるために上陸します。

 

イエローアイドペンギンは、ニュージーランド南島の東海岸および南東海岸線、ならびにスチュアート島、オークランド諸島、キャンベル諸島で繁殖します。

オタゴ半島のコロニーは人気のある観光地で、訪問者は設置された隠れ場などからペンギンを観察することができます。

ニュージーランド本土では、イエローアイドペンギンは過去20年間で大幅に減少しています。

 

オタゴ半島では、1990年代半ば以降、数が75%減少しており、今後20〜40年で地域的に絶滅する可能性を示唆しています。

2000年半ばに発生した感染症、海での人間の活動(漁業、汚染)は、種の減少傾向に影響を与えています。

 

フィヨルドランドペンギンは、世界で最も珍しい鳥の1種です。

南島に住んでおり、ハースト、モエラキ湖、スチュアート島、フィヨルドランドの熱帯雨林地帯で見られます。

フィヨルドランドペンギンの営巣地は多様です。

 

成熟した温帯雨林や密集した海岸の低木から、海の洞窟や岩の下までさまざまで、倒木、根、岩または岩の割れ目の下のくぼみを好みます。

ミルフォードサウンドのツアークルーズをしている際に、運が良ければ出会えるかもしれません。

 

ニュージーランドのペンギンに会える場所と季節

 

ポハツペンギンコロニー(アカロア)

ニュージーランド本土で最大の、リトルペンギンのコロニーを見ることができます。

またツアーズの運が良ければ、海岸で繁殖するイエローアイドペンギンを見ることもできます。

 

デリケートな野生生物の生息地なため、ガイド付きのツアーに参加をして、4WDのミニバンでアカロアからポハツまで移動をします。

ペンギンの観察に最適なニュージーランド・ツアー時期は、8月末から12月までの繁殖期です。

 

1月から2月にかけて、脱皮をしているペンギンを見ることができますが、2月末から4月上旬までペンギンはいません。

また、ペンギンが定期的に海から戻ってくる4月中旬から9月にかけて、観察できるチャンスがあります。

 

 

オタゴ半島

オタゴ半島では、イエローアイドペンギン、リトルブルーペンギンの両方がご覧いただけます。

 

オタゴ地方には素晴らしいツアーを提供しているオペレーターがいくつかあります。

1)ペンギンプレイス:イエローアイドペンギンとリトルブルーペンギンの両方がご覧いただけます。

2)エルムワイルドライフツアー:イエローアイドペンギンとフッカーズアシカが見られるパパヌイビーチへの素晴らしいツアーを実施しています。

3)パイロットビーチ:リトルペンギンがご覧いただけます。年間を通してペンギンを見学することができます。

 

ペンギンコロニー(オアマル)

イエローアイドペンギンやブルーペンギンのペンギンパレードが見学できるオアマル。

9月から翌2月にかけて最もペンギンが集まります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

世界で最もたくさんの種類のペンギンが、生息しているニュージーランドですが、実際にツアーなどで見学できる確率の高いペンギンは、イエローアイドペンギンとブルーペンギンの2種類です。

オタゴ地方では、年間を通して、ペンギンを見られる可能性があり、ホパツでは8月末から12月がシーズン、オアマルでは9月から翌2月がお勧めの時期となります。

 

 

  1. ニュージーランドの人口は2019年どのくらい?
  2. ニュージーランドの鳥・羊そしてワイン|まとめ
  3. ニュージーランドの飛べない鳥|ウェカ・カカポなど
  4. ニュージーランドのマオリ族はなぜハカダンスを踊るのか?
  5. ニュージーランドワインの有名な産地は?
  6. ニュージーランドの国鳥キウイバードはどんな鳥?
  7. ニュージーランドの時差はサマータイムで変わる
  8. ニュージーランドの羊の数はどのくらい?種類は?
  9. ニュージーランドのキウイとは?
  10. ニュージーランドの各大学情報
  11. ニュージーランドの女性の社会進出
  12. ニュージーランドの森に住む固有の鳥
  13. ニュージーランド出身の有名人|スポーツ・登山家・政治家

コメント

タイトルとURLをコピーしました