国内旅行で一度は行きたい穴場おすすめスポット5選

スポンサーリンク
準備
旅行の穴場

旅行の計画を立てるとき、一番に考えるのが「どこに行くか」です。

誰と何のために旅行へ行くかによっても行先は大きく異なります。

さらに、最近では国内旅行の有名な観光地は海外からの観光客が多くて、人混みが避けられないのも現状です。

そんなときは、たまにはいつもと違った穴場スポットに訪れてみるのはいかがでしょうか。

 

国内にはまだまだおすすめの穴場スポットがたくさんあるのです。

旅行の計画を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

国内旅行の穴場|北陸のハワイ『水島』

水島

福井県にある敦賀半島の先端に浮かぶ水島は、全長500mほどの小さな無人島です。

透明度も高く、白い砂浜はまるでハワイのよう。

 

遠浅の海岸は、家族連れやカップルにも人気の海水浴場です。

浅瀬にも魚やカニなどの生物も多く、波も穏やかなので小さい子供連れでも楽しむことができる穴場旅行スポットです。

水島へのアクセス

車:北陸自動車道・敦賀IC から 車で約40分、「色ケ浜」の桟橋より乗船
運行期間:7月中旬~8月末まで
詳しくはこちら:オーミマリン

水島に行ける期間は1か月半くらいです。

 

 

スポンサーリンク

国内旅行の穴場|竜宮城のような絶景『日和山海岸』

浦島太郎に出てくる竜宮城のように見える日和山海岸は、兵庫県の日本海側、豊岡市にあります。

特におすすめなのが日の出と、晩秋から冬にかけての時期です。

気温差が大きくなる晩秋から冬は川霧が出現し、さらに美しい光景を目にすることができます。

日和山海岸へのアクセス

電車:山陰本線 城崎温泉駅 から全但バスで10分、「日和山」行き終点下車、徒歩すぐ
車:北近畿豊岡自動車道八鹿氷ノ山ICから1時間

近くには城崎マリンワールドもあるので、温泉に水族館、絶景と楽しめるので家族旅行にもおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

国内旅行の穴場|琵琶湖を一望できる『びわ湖バレイ』

びわ湖バレイ

滋賀県のびわ湖を一望できる穴場のスポットが、びわ湖バレイです。

冬はスキー場としても賑わいますが、びわ湖バレイの魅力は冬だけではありません。

 

春から秋は桜や水仙、紅葉などの自然はもちろん、「ジップライン」や「スカイウォーカー」などのアクティビティも充実しています。

さらに、びわ湖テラスから見るびわ湖は絶景です。

びわ湖バレイへのアクセス

電車:JR湖西線「志賀」駅下車、志賀駅より路線バスで約10分、終点「びわ湖バレイ」下車
車:湖西道路 志賀IC下車 約5分
詳しくはこちら:びわ湖バレイ

カップル旅行はもちろん、家族連れ、ペット連れでも楽しめる穴場スポットです。

 

 

スポンサーリンク

国内旅行の穴場|巨大地下神殿『首都圏外郭放水路』

首都圏外郭放水路

埼玉県春日部市にある巨大地下神殿『首都圏外郭放水路』は、首都圏を水害から守るための防災施設です。

普段は見ることができない首都圏外郭放水路を、間近でみることで防災意識も高まるはず。

 

高さが177メートルもある巨大水槽は、まさにパノラマ神殿のよう。

見学には申し込みが必要に必要で、見学日の1か月前から予約受付が可能です。

首都圏外郭放水路へのアクセス

電車:東武野田線(東武アーバンパークライン) 南桜井駅北口より春バスで「龍Q館」下車
車:圏央道 幸手IC及び五霞ICから約30分
詳しくはこちら:首都圏外郭放水路

見学は3コースから選べるので、詳しくはサイトを確認してください。

 

 

スポンサーリンク

国内旅行の穴場|神秘的で美しい『鍋ヶ滝公園』

鍋ヶ滝公園

お茶のCMでも使われた『鍋ヶ滝公園』。

落差は約10mと滝の規模は小さいものの、幅は約20mありカーテンのように幅広く落ちる水が神秘的です。

 

正面から見るだけでなく、滝の裏側からも見学することができ、また違った美しさを感じることができます。

また、春の期間限定で夜間ライトアップも開催されているので、その時期を狙って訪れてみるのもおすすめです。

鍋ヶ滝公園へのアクセス
車:日田ICから 車で1時間、熊本ICから 車で1時間30分
電車:JR豊肥本線阿蘇駅から産交バス杖立温泉行きで1時間、ゆうステーション下車、タクシーで約15分
詳しくはこちら:鍋ヶ滝公園

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介した場所以外にも、日本にはまだまだ穴場のおすすめスポットがたくさんあります。

いつもと違った旅行を企画したい、のんびりと大人の旅を楽しみたい、家族旅行で人込みを避けたい。

 

そんな時は、少し足を延ばして穴場の観光を選んでみてください。

メジャーな旅行スポットも楽しめますが、たまには穴場旅行もおすすめです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました