カナダでの語学留学|学校選びと留学のメリット

カナダ留学海外旅行
カナダ留学

この記事でお伝えすることは、以下の通りです。

・カナダの語学学校を紹介

カナダ語学留学の費用

・カナダへの語学留学では何がメリットなのか

・人気国のオーストラリア・アメリカとの語学留学の違い

 

 

語学留学を検討する上で、「カナダ」は、人気国の一つになっています。

今回の記事では、カナダへ語学留学する場合に気になる学校選びや費用、そして他との違いなどについて、カナダ語学留学1年のBが解説しています。

 

 

スポンサーリンク

語学学校の紹介

カナダ語学留学

 

ここでは、カナダで出会った友人が通っていた語学学校を、紹介したいと思います。

 

CLLC(カナディアン・ランゲージ・ラーニング・カレッジ)

カナダに校舎を3校もち、日本人が少ないと評判です。

講師の質もよく人気の学校だそうです。

語学留学には、もってこいだと思います。

生徒の比率では、サウスアメリカの生徒が多い傾向です。

 

ILAC(インターナショナル・ランゲージ・アカデミー・オブ・カナダ)

カナダで出会った日本人の多くは、こちらの学校に行っていました。

こちらは放課後のアクティビティに力を入れており、友人を作るのがとても簡単だそうです。

生徒の比率としてはヨーロッパの方が多いみたいです。

 

 

EF(イーエフ・エディケーション・ファースト)

世界各国にキャンスパスをもち国際色豊かな学校です。

時間割がフレキシブルで、午前若しくは午後から選べるみたいです。

生徒の比率としては、ヨーロッパ系の生徒が多い学校だそうです

 

OSL(オンザスポット・ランゲージ)

こちらは、スピーキングに特化した学校です。

カリキュラムがとても面白く、外に出て知らない人に話しかけるということです!

日本人が、もっとも気にしている完璧な英語じゃなきゃだめという概念を、壊してくれるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

語学学校のための費用はどの位かかるのか

語学学校費用

 

私(カナダ語学留学1年のB)が、カナダで1年間通っていた語学学校は、カナダのトロントに位置します。

費用は、ホームステイ込みで160万円程度です。

留学生の多くは、ホームステイを利用しています。

ホームステイでは、ホームステイファミリーと生活をします。

そのためカナダの文化を、直に学ぶ事ができます。

実際私も、ホームステイファミリーと1年間過ごしました。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/ryugaku-merit/ target=]

 

 

 

スポンサーリンク

カナダへの語学留学で得られるメリット

カナダへの語学留学で得られるメリット

 

カナダは、もともと移民の国で、モザイク国家と言われています。

そのため、驚くかも知れませんが様々な人種が共存しています。

白人、黒人、アジア人と人種は様々です。

となってくると言語は?英語を学びに来ているんだけど、、と心配する方もいるかもしれません。

 

公用語は英語です。

どんな人種の方でも、英語を話します。

そしてアクセントは、他の国と比べてとても綺麗で聞き取りやすいです。

カナダは、留学地としては最適だと思います。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/daigaku-ryugaku/ target=]

 

スポンサーリンク

オーストラリアやアメリカとの語学留学の違い

カナダへの語学留学で得られるメリット

カナダ人は親切

皆さんが語学留学をしたいと思いついたら、まずアメリカやオーストラリア、カナダが思いつきますよね。

ですが筆者が先程述べたように、カナダ人ほど人が親切な国はありません!

それはやはり移民の国。

沢山の人種がいるため、全ての人がお互いを思いあっています。

そのため、とても生活がしやすいです。

 

物価が他の英語圏に比べて安い

物価が格段に、アメリカ留学やオーストラリ留学に比べてやすいです。

 

基本的に、日本円がカナダドルよりも強いため、生活する上ではアメリカやオーストラリアに比べて住みやすと思います。

それに比べて、オーストラリやアメリカは、物価がとても高いです。

オーストラリアでは、コカコーラが一本400円もします。

日本では、考えられないですよね。

 

4 まとめ

世界的に見ても、自国語しか放さない国は、日本の他にわずかしかありません。

多くの国の人々が、2〜3の国の言葉を話せます。

 

これからの日本社会でも、英語が一般的にも、必要になってくると筆者は考えます。

英語を身につける一番の近道は英語環境に身を置くことです。

治安も良く、親切な人々が多い、カナダに語学留学してみると良いです。

今回の記事は、カナダ語学留学1年のBが書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました