上海のコンセントのタイプは?変換プラグの有無まで!

スポンサーリンク
海外旅行

上海は、日本からも行きやすい中国の人気観光エリアです。

ですが、携帯やカメラの充電器など、日本の電化製品は、上海のコンセントタイプに対応しているのか、気になります。

今回は、上海のコンセントのタイプ事情についてご紹介します。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、

「上海のコンセントのタイプ事情」についてご理解いただけます。

それでは、現在上海に在住しているMが解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

上海のコンセントのタイプは?変換プラグの有無まで!

上海 コンセント タイプ

 

上海旅行に持って行く荷物に、電子機器や電化製品って意外と多いですよね。

なので、旅行先のコンセントタイプを確認しておくことは、結構重要です。

 

携帯電話やカメラ、Wi-Fiをレンタルしている場合は、Wi-Fiの充電も必要になります。

女性の方なら、ヘアアイロンなども必需品ですよね。

 

コンセントが上海で対応するタイプかどうかは、お持ちの電子機器や電化製品によっても、差があります。

上海についてから、コンセントのタイプが合わなかった!なんてことになったら、せっかくの楽しい上海旅行も台無しになってしまいます。

 

上海へ行かれる前に、現地のコンセントのタイプ事情を是非チェックしてください。

 

上海のコンセントのタイプ

 

上海のコンセントのタイプ(形状)型は、いくつかありますが、一般的には「タイプA」と「タイプI」が主流です。

 

「タイプA」は、2又となっており、日本と同じタイプなんです。

「タイプI」は、3又なので日本の家電製品とは一致しません。

 

一つのコンセントに対して、タイプAとタイプIそれぞれの穴がついているものが多いので、日本で使用しているものでもコンセントを刺すことが可能です。

 

このコンセントのタイプは、あくまで上海でのタイプになります。

中国は広大なため、地域によってコンセントのタイプが異なっているのが現状です。

もし、上海から中国の別の場所へ旅行される場合は、移動先のコンセントのタイプも調べた方がよいでしょう。

 

 

上海でコンセント変換プラグはいるのか?

 

変換プラグは必要なのかどうか

結論、上海には日本と同じタイプのコンセントがあるため、変換プラグは不要です。

 

ですが、上海で宿泊されるホテルによっても違います。

一部屋にあるコンセントの数は限られています。

日本と同じタイプAの使えるコンセントタイプの穴は少ないと思います。

 

そのため、コンセントをたくさん使う予定がある方は、「タイプI」の変換プラグを持って行ったり、電源タップのようなものを持って行くのも、いいかもしれません。

 

コンセントの型ではなく、電圧を要チェック!

ここで注意したいことは、変換プラグは不要でも、お使いの電子機器や電化製品によっては、変圧器は必要な場合があります。

電圧が対応していないコードを、コンセントに刺して使用すると、故障や火災の原因になる可能性もあります。

 

日本の電圧は100ボルトに対して、上海の電圧は220ボルトとなっています。

パソコンやスマートフォンの充電器など、ユーニバーサル仕様のものもあるので、そういった場合は、変圧器は不要です。

ヘアアイロンなど電化製品に、電圧が記載されていると思いますので、上海へ行く前に、一度チェックすることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

変換プラグや変圧器は必要な場合は、様々なタイプのものが発売されているので、用途にあったものを見つけてください。

 

個人的には、USBポートが複数ついているタイプがおすすめです!

上海で楽しく過ごすためにも、コンセントタイプについても、万全の準備をして、ご旅行に行かれてください。

もし、現地で充電器など忘れてしまったことに気がついても、焦らなくて大丈夫です。

上海には、色々なデパートや商店があるので、電化製品が並んでいるエリアを探してみてくださいね!

 

 

上海の物価事情は!?家賃から食費まで1ヶ月の生活費公開

上海の気候は年間に四季があり日本に近い!観光のベストシーズンから服装まで!

上海のお土産といえばお茶!他にもある日本人にあう定番4選!

上海旅行・おすすめプラン|穴場から定番の観光地

上海でタクシー乗るならアプリが便利。現金払いかアプリ決済

上海で小籠包|有名店から値段まで!お土産にも最適

上海で使えるアプリ!無料でおすすめ!旅行で便利

コメント

タイトルとURLをコピーしました