海外旅行

イスラエルの観光・歴史・土産・時差・料理|留学体験者のまとめ

イスラエル観光海外旅行
スポンサーリンク

イスラエルへ留学していたAサンが、イスラエル観光を中心に、徹底解明してくれました。

宗教や文化の違うイスラエルを観光するときの注意点や時差や楽しみ方まで、語ってくれています。

きっと意外な発見もあるものと思います

もし、あなたがこれから、イスラエルへ旅行にいかれるのでしたら、以下の情報が参考になります。

スポンサーリンク

イスラエル観光|夏は危険で注意が必要|留学体験者が解説

イスラエルには、「安息日」があります。旧約聖書に基づいており、神が休んだ7日目を安息日として、イスラエルでは厳守しています。安息日には、交通機関と売店が休みになります。

また、イスラエルの夏の暑さは、日本とはまるで違います。紫外線と乾燥が、強いです。日本製の日焼け止めクリームは、1日に何度も塗った方がいいです。イスラエル製の日焼け止めクリームなら1日中持ちます。男性でも塗っておくことです。

スポンサーリンク

イスラエルの歴史をざっくり解説

留学体験者のAサンは、イスラエルの大学で歴史を専攻しています。イスラエルの歴史は、ユダヤ人の歴史で、聖書に基づいていますので、とても古く紀元前にさかのぼります。

紀元前のユダヤ王政、次には期限後のユダヤ戦争の時代があり、その後は1900年間、外国におって統治される時代が続きます。この間、ユダヤ人がイスラエルの歴史から消えてしまいます。

そして、オスマン帝国時代に、テルアビブが出来ます。その後、イギリス統治領時代を経て、1948年にイスラエルは独立宣言をします。

スポンサーリンク

イスラエル女性の性格(気質)や服装の特徴は?

2年間、イスラエルに暮らした留学生Aサンの印象に基づいています。イスラエル人には、先祖代々純イスラエル人という人は、いません。移民国家であるため、多くの人が混血です。

ですので、外見的特徴が有りません。しかし、日本女性と比べると、全く異なる個性を持っています。

スポンサーリンク

イスラエルの首都問題をわかりやすく解説|テルアビブ移転?

イスラエルの首都は、エルサレムなのか、テルアビブなのか、という問題が、イスラエル建国時代から解決されていないようです。その原因は、やはり歴史にあります。

なかなか難しい問題です。本ページでは、歴史も含めて、もう少し詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

イスラエルの言語は?文字は?何が使われてるか

イスラエルで主に使われているのは、ヘブライ語です。

日本人には、難しい言語です。日本語は、「ん」を除いた45字の全てに、母音があります。

ヘブライ語は、22字からなっていますが、すべて子音で出来ています。そして、男性名と女性名詞が存在します。又、単数と複数の区別もありますし、同士の活用が難しいです。

スポンサーリンク

日本で作る!イスラエルの家庭料理3品

この記事では、日本でも作れるイスラエルの家庭料理を紹介しています。

イスラエル風カラフルなゴロゴロサラダの作り方

・鶏カツ「シュニッツェル」の作り方

・トマトの煮込み料理「シャクシュカ」の作り方

スポンサーリンク

イスラエルの時差にはサマータイム|夏と冬で時差が変わる

イスラエルでは、夏時間を実施しています。サマータイムです。時差が夏と冬で変わります。

冬時間と夏時間が、入れ替わる日は、毎年違いので、注意して下さい。又サマータイムが入れ替わる日は毎年違います。ミュースを見落とすと、大変です。遅刻してしまいます。

スポンサーリンク

イスラエルのお土産|買うべきお土産10品

イスラエルのお土産のトップは、死海の泥パックです。女性には、大人気のようです。

ヘブライ語が書かれたTシャツ、陶器、バンバ(国民的スナック菓子)ユダヤ教聖品など紹介しています。

関連記事一覧

  1. 海外旅行
  2. 海外旅行先各国の役立つ知識情報
  3. イスラエルの観光・歴史・土産・時差・料理|留学体験者のまとめ(当記事)
  4. 上海旅行・おすすめプランから穴場から定番の観光地など旅行情報
  5. ニュージーランドの鳥・羊そしてワイン|まとめ
  6. カナダに1年間滞在した体験から主要都市を紹介
  7. イスラエルの時差にはサマータイム|夏と冬で時差が変わる
  8. 日本で作る!イスラエルの家庭料理3品
  9. イスラエルの言語は?文字は?何が使われてるか
  10. イスラエルの首都問題をわかりやすく解説|テルアビブ移転?
  11. イスラエル女性|性格や服装の特徴は?
  12. イスラエルの始まりと歴史をざっくり解説
  13. イスラエル観光|夏は危険で注意が必要|留学体験者が解説
  14. イスラエルのお土産|買うべきお土産10品

コメント

タイトルとURLをコピーしました