カナダワーホリ|申請からの手順・仕事探し

海外旅行

・ カナダでの仕事を探すために必要なもの

・ カナダでの仕事の探す方法

・ 面接の仕方

カナダへワーホリに行く際に、一番初めに直面するのが仕事を、ゲットすることですよね。

今回は、多くの日本人がワーホリで訪れるカナダで、どのように仕事をゲットするかについて、Aの1年間の滞在経験から紹介致します。

 

 

スポンサーリンク

カナダ ワーホリ|申請の手順〜カナダでSINnumber取得

カナダ ワーホリ 申請 手順

カナダでのワーホリについて、申請の手順から、解説します。

 

カナダワーホリビザ

まず初めに、ワーホリビザが必要になります。

手続きとしては、日本からカナダの移民局に申請を行います。

自力でも行えますし、カナダの留学エージェント等に代行をお願いする事も可能です。

 

その後、ワーホリビザ申請後移民局から、申請レターが送られてきます。

申請レターを印刷しカナダ入国後、空港内の移民局へ行き、実際のビザと交換する流れになります。

ですので、カナダに入国後にワーホリビザを手に入れることになります。

 

カナダワーホリ申請手順|SIN number

上記の「ワーホリビザ」だけではまだ仕事にはつけません。

ワーホリビザ取得後、カナダの各都市にあるシティーセンター(日本でいう市役所)へ行きSIN Number を取得します。

だいたい早ければ10分です。

混んでいると1時間かかりますが、簡単な質問と住所を提示して取得が可能です。

 

 

スポンサーリンク

 カナダ ワーホリ|仕事はウォークインかサイトから

カナダ ワーホリ 申請手順

 

上記の作業を終え、ようやく仕事探しが開始できます。

ここではいくつかの仕事の探し方を紹介したいと思います。

 

カナダワーホリ|ウォークイン

その名の通り、お店に行きレジュメ(履歴書)を持っていきます。

アルバイトを募集しているお店では、張り紙を貼ってあります。

またカナダでは募集していなくても、飛び込みで面接に応じてくれるお店もあります。

ですので仕事探しの際には、気になる職場に飛び込みましょう!

 

ここで大事になってくるのは、存在感を残すことです。

ですので、レジュメを直接オーナーに渡すようにしましょう。

他の従業員に渡すと、基本的にその場で捨てられてしまうことが多いみたいです。

勇気を振り絞って、お店に入ったのに、捨てられるなんて勿体無いですよね。

カナダ人との求人争いを勝ち取るためには、いかにワーホリとしての存在感を残す事が大事です。

 

 

カナダワーホリ|ウェブサイトから仕事を探す

カナダの中でも、ワーホリ先として有名なトロントやバンクーバーでは、ウェブサイトから仕事を探す事もできます。

今回はいくつかそちらを紹介いたします。

 

e-maple

カナダでワーホリを行う人達は、意外と仕事探しに求人サイトを使っています。

これらのウェブサイトでは、常時求人が出回っています。

ですので気になる情報を見つけて、仕事先に電話やEメールを送ってみましょう!

また現地の人達と、仕事をしたいと考えるワーホリも多いでしょう。

その人たちにオススメな求人ウェブサイトはこちらです。

 

Indeed  ,  Kijiji

カナダ人も、日常的に仕事探しとして使用しています。

こちらを通して仕事を応募して頂けると、ワーホリでもカナダ人と仕事ができる確率が上がります。

 

 

カナダワーホリ|公式ウェブサイトから応募

スターバックスや、ユニクロはワーホリにとって、とても人気な仕事先です。

こちらでは、ウェブサイトから応募する事が基本となってます。

ですのでレジュメを持っていっても、「ウェブサイトから応募してね」と突き返されてしまいます。

 

ですので、ウェブサイトで応募をして面接に臨みましょう!

私がカナダでワーホリをしていた際に、一番人気であった職場は、スターバックスでした。

ワーホリとしては英語を使いたい。

ネイティブと仕事ができる。

そんなものを叶えてくれるのが、スターバックスなのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

カナダワーホリ|仕事に就くには日本と同じ!履歴書の次は面接

カナダ ワーホリ 仕事 (1)

 

履歴書を配り終わり、一息つきたいとこですが、このあと面接があります。

 

カナダでのワーホリの面接は、基本的に以下のことを聞かれます。

・なぜここを志望したのか

・どの時間帯にどれくらい働けるか

・visaはどれくらい残っているか

そして必ず聞かれるのが tell me about your self

 

日本のアルバイトの面接と似ていますよね。

ですので、落ち着いてください。

 

英語での面接ですが、聞かれることは日本と変わりません。

スターバックスなどの面接ですと、チームワークの大切さとは?

あなたの短所や、長所は?など様々な事が聞かれるみたいです。

 

ですので、対策が必要になってくると思います。

お店に合わせて対策をすると、面接もうまく行くと思います。

今回はカナダワーホリの仕事のゲットの仕方について書きました。

筆者も初めは苦戦しましたが、運良くローカルの仕事を手に入れることができました。

仕事探しの先には、楽しいカナダでのワーホリ生活が待っているので、頑張ってください!

 

 

関連記事一覧

  1. 海外旅行に行くならコストと持ち物をチェック!各国の情報と留学情報も紹介
  2. 海外旅行先各国の役立つ知識情報
  3. カナダに1年間滞在した体験からカナダについてのまとめ
  4. カナダワーホリ|申請からの手順・仕事探し(当記事)
  5. カナダでの語学留学|学校選びと留学のメリット
  6. カナダのオタワ|観光の魅力に迫る|1年間滞在した経験からAさんが解説
  7. カナダの料理はまずい?モザイク国家ならではの料理
  8. カナダはスポーツが強い!9つのスポーツを紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました