四国旅行へ出かけよう!おすすめコースを2泊3日で回ってみませんか

四国旅行 おすすめのモデルコース国内旅行

「次の旅行はいつもと違った場所を訪れたい」「食も温泉も観光も楽しみたい」

そう思う人も多いのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめの場所が四国。

食や温泉はもちろん、実は四国には観光地もいっぱいのおすすめ場所です。

そこで今回は、四国旅行でおすすめのコース2泊3日のプランを紹介します。

 

スポンサーリンク

四国旅行おすすめコース|モデルコース:2泊3日で定番の四国観光スポットを巡る旅

四国旅行 おすすめ コース 2泊3日

四国には観光スポットがたくさんあります。

車を使えば、2泊3日で四国をぐるっと回ることも出来るのです。

そこで四国旅行のプランに迷ったら、定番の観光スポットを巡る旅を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

モデルコース

1日目:鳴門の渦潮→金比羅宮→琴平温泉(宿泊)
2日目:琴平温泉→しまなみ海道→道後温泉(宿泊)
3日目:道後温泉→観光地を巡りながら帰路

 

四国の入り口でもある徳島県の鳴門の渦潮は、迫力満点で見ておく価値ありです。

そのあとは香川県の金毘羅宮に立ち寄って、ご利益をもらってみてください。

 

1日目は琴平温泉で宿泊し、2日目はしまなみ海道から道後温泉へ向かいます。

道後温泉では外湯めぐりや、温泉街を楽しんでみてください。

松山城や坊ちゃん列車などもおすすめです。

[itemlink post_id=”9750″]

 

スポンサーリンク

四国旅行おすすめコース|モデルコース:2泊3日で四国のアートに触れる旅

四国旅行 おすすめ コース 2泊3日

四国にはたくさんのアートを楽しむことができるので、芸術好きな方にはアートをめぐる四国旅行もおすすめです。

 

モデルコース

1日目:直島(宿泊)
2日目:直島(宿泊)→豊島(宿泊)
3日目:豊島→帰路

 

1日目はアートの島として知られている直島をめぐります。

島のいたるところにアートが点在しているので、車で回るのも良いですがレンタルサイクルを使ってみるのもおすすめです。

さらに「李禹煥美術館」「地中美術館」「ベネッセハウスミュージアム」と3つの美術館があります。

 

2日は豊島へ移動して島旅を楽しんでみてください。

豊島もアートの島です。

「豊島美術館」をはじめ、唐櫃棚田風景もみものです。

 

どちらの島も日帰りで楽しむことができますが、せっかくなのでそれぞれの島で1泊してのんびり島旅を楽しむのもおすすめプランになります。

 

スポンサーリンク

四国旅行おすすめコース|モデルコース:子供と一緒に楽しむ旅

四国旅行 おすすめ コース 2泊3日

四国旅行は大人だけでなく、家族連れでも楽しむことができます。

 

モデルコース

1日目:レオマワールド(宿泊)
2日目:レオマワールド→香美市立やなせたかし記念館(宿泊)
3日目:香美市立やなせたかし記念館→帰路

 

四国のテーマ―パークと言えばレオマワールド。

アトラクションはもちろんの事、季節ごとのイベントも充実しています。

小さい子どもから大人まで、幅広い年齢層で楽しめるテーマパークです。

 

また、隣接するホテルに泊まれば移動する必要もありません。

2日目は少し足を延ばして、徳島県の香美市立やなせたかし記念館で楽しんでみてください。

アンパンマン好きの子どもなら、きっと大喜びのはずです。

[itemlink post_id=”9751″]

 

 

スポンサーリンク

四国旅行おすすめコース|モデルコース:フリー切符で四国一周

四国旅行 おすすめ コース 2泊3日

四国旅行へ電車や飛行機などで行くのであれば、四国フリー切符がおすすめです。

JR四国全線の特急自由席などが3日間乗り放題の便利でお得なきっぷです。

 

モデルコース

1日目:高松駅→徳島駅→阿波おどり会館・眉山→祖谷渓→奥祖谷温泉
2日目:奥祖谷温泉→電車の旅を楽しみながら移動→道後温泉
3日目:道後温泉→帰路

 

電車好きの人ならのんびり電車に乗りながら、四国の景色を楽しんでみるのもおすすめです。

また、四国は多くの観光列車も運行されているので家族連れでも楽しめるはずです。

 

ただし、路線によっては電車の本数がかなり少ない場所もあります。

四国フリー切符で観光を楽しむときは、電車の発着時刻をあらかじめ確認して観光を楽しむようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

四国旅行は大人だけでなく、家族旅行でも楽しめる場所です。

1泊2日でも楽しむことができますが、せっかくなので2泊3日でいろいろな観光地に訪れてみるのもおすすめです。

 

今回は四国旅行 おすすめ モデルコースを紹介しましたが、他にもたくさんも見どころがあります。

車でも電車でも楽しめる四国旅行を、ぜひ楽しんでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました