英語のアクセント|勉強の仕方について

スポンサーリンク
準備
英語のアクセント
  • 英語のアクセントとは
  • アメリカ英語とイギリス英語のアクセントの違い
  • 英語のアクセントの勉強方法

この記事を読んでくださいますと、「英語のアクセントとは何かといったことから、その効果的な勉強方法」まで理解を深めていただくことができます。

それでは、ニュージーランド居住17年、通訳をしている<うらん>が解説いたします。

 

スポンサーリンク

英語のアクセント|勉強の仕方

英語のアクセント

英語のアクセント

 

英語を学ぶ上での難関の1つであるアクセント。

そもそも英語のアクセントとは何なのか?

効果的に勉強をする方法があるのか、解説いたします。

 

英語のアクセント 勉強の仕方|英語の発音とアクセントの違い

英単語をどのように発声するのかを学ぶ際、発音記号で確認することができます。

例えば「a: 」の発音記号が付いている部分は、口を大きく開いて「オ」の口の形で「アー」と伸ばす、などです。

日本でこれらの発音を学ぶ際には、通常アメリカ英語が基になっています。

 

しかし英語の話し方は地域によって、どの位置にストレスを置いてリズムを作るのか、またどのように発声するのかが大きく異なっています。

発音に関する方言がアクセントであると言えます。

 

英語のアクセント 勉強の仕方|国別の英語のアクセントの特徴

8億人以上の人が英語を話しますが、その殆どはネイティブスピーカーではありません。

特にイギリス英語のファンなのでイギリス英語を学びたいなどなければ、アメリカ英語のアクセントを学ぶのが一般的です。

 

<アメリカとイギリスの英語アクセントの違い>

アメリカ英語のアクセントは、アメリカの入植者たちによって話されていたアクセントです。

一方、現在イギリスで話されている英語のアクセントは、19世紀ごろに上流階級の人たちが、貧困者層の人たちと区別をするために、開発したアクセントなのだそうですが、最終的にそのアクセントが全域に広がり現在に至っています。

 

アメリカ英語のアクセントは、実際には現在のイギリス英語のアクセントよりも古く、この2つにはかなりの違いがあります。

 

アメリカのアクセントとイギリスのアクセントを区別する主な機能は、ローティックスピーチと呼ばれます。

アメリカのアクセントはロマンチックです。

アメリカ人は「ハード」(har-d)などの言葉で「r」を発音します。

非ローティックスピーカーは「r」をはずし、hah-dのように「hard」という単語を発音します。

 

もちろん、いくつかの例外があります。

マサチューセッツ州ボストンなど、米国のニューイングランド地域の一部のアメリカ人は、非ローティックスピーチを使用しています。

 

英語のアクセントの勉強の仕方

1)アメリカンアクセントトレーニングビデオを使用する

英語のアクセントを学ぶのに役立つコースが、インターネット上のさまざまなソースから入手できます。

 

例えば、Speaking Your Bestは、有資格の音声病理学者が運営する無料のオンラインコースです。

母国語に応じて役立つアクセントガイドがあります。

アメリカ英語の正確な発音の仕方や、アメリカ英語学習者にとってゆっくり話すことが重要である理由など、一般的なアドバイスを受けられます。

 

他にもネイティブスピーカーから直接アクセントを学習できるFluentUや、一日置きにアクセントに関する学習ビデオをアップしているYouTubeチャンネルLet’s Talk、アクセント専門家のチャンネルPronunciation Proなどがあります。

 

2)アメリカのテレビ番組を見る

多くの英語学習者は、アメリカのテレビ番組を学習に利用しています。

アメリカのテレビ番組ではアメリカの様々なアクセントが目立ちますが、通常は中西部または一般的なアメリカのアクセントに近いものが使われています。

 

以下の番組は英語学習者に人気があり、日常会話が出てくるので便利です。

 

シンプソンズ、フレンズ、フルハウス

 

これらの番組はDVDまたはオンラインで見つけることができます。

YouTubeの一部のエピソードにもアクセスできる場合があります。

 

3)アメリカのニュース番組を見る

米国のニュース番組は、アメリカ英語のアクセントを学ぶための素晴らしいソースです。

CNNやFox Newsなどの全国版のニュースでは、殆どのニュースキャスターが一般的なアメリカ英語のアクセントで話しています。

 

4)アクセントのチューターからレッスンを受ける

チューターは個人に合わせたアクセントのサポートができるので、常に最高のソースです。

 

以下のサービスはアメリカ英語のアクセントの学習支援に特化しています。

American Accent Course, Cambly , Rachel’s English

 

まとめ

英語のアクセントは国や地域によって違いがありますが、

日本では一般的にアメリカ英語のアクセントを学んでいます。

現在はテレビ、YouTube、アプリなどのオンラインソースで

本場のアメリカ英語のアクセントを学ぶことが可能です。

 

 

  1. 英語メールで顔文字(笑)・略語・年月表記|役立つまとめ|
  2. 英語の略語|メールでの書き方について
  3. 「よろしくお願いします」を英語で|口語・ビジネス文末
  4. 海外で通じない日本のカタカナ英語
  5. 英語にもあります早口言葉
  6. 英語で伝える「ありがとう」の最上級は?その他の表現方法
  7. 英語の文法 副詞の位置には法則性はあるの?
  8. 人生に影響を与える英語の名言
  9. 英語の手紙の結び方|ケース別の例文集
  10. 英語の略語|メールでの書き方について
  11. 英語の代名詞の表記・使い方(種類と用法)|現役通訳が解説
  12. 英語の顔文字は横向き!日本の顔文字・絵文字と違う!
  13. 英語の一言名言30選
  14. 月日の英語表記の書き方|略と順番(イギリス英語の違い)

コメント

タイトルとURLをコピーしました