カナダスポーツの人気ランキングとブランド!

カナダ スポーちう海外旅行

カナダは、実はスポーツ大国。プロスポーツリーグがいくつもある。北側にあるため、冬のスポーツイメージが強いが、、冬だけではなく、夏にもオリンピックが開催されたこともあり、夏冬共にスポーツへの関心が高いです。

スポンサーリンク

カナダスポーツの人気ランキングとブランド!

 

カナダのスポーツは、圧倒的にアイスホッケーのイメージが強いが、それ以外にも人気スポーツが多い。歴史や人気のブランドもあわせて紹介します。

 

カナダのスポーツはアイスホッケーが誰にも人気

日本では、それほどには感じられませんが、カナダでのアイスホッケー人気は圧倒的です。子供も女性にも人気があり、地域密着型で、地元チームを応援しています。

バスケットボールやサッカー・ラクロスなど、カナダのスポーツとして知名度が高いものがありますが、アイスホッケーが圧倒的な人気です。

ちなみに、カナダで、アイスホッケーではなく、単にホッケーといえばアイスホッケーのことを指すようです。

年代に関係なく、見るのもやるのもスポーツの筆頭がアイスホッケーです。北米には、プロのホッケーリーグがあり、カナダからは7チームが参加しています。

 

カナダはスポーツ人口がすごい

カナダで1番のスポーツは、前述の通りですが、それは熱中する人々の人口を見てもわかります。

statista(ドイツの消費者データ会社)によれば、1位はカナダで607,951人、2位はアメリカ561,700人、3位はチェコ129,595人です。(日本は10位18,641人)

凄さがわかるのは、人口対比です。カナダは人口が3,770万人ですので、1.6%の人がアイスホッケーをやっていることになります。

2位のアメリカは0.16%で1000人に1.6人です。

 

 

カナダのスポーツで人気があるランキング

カナダはスポーツが盛んな国です。

アイスホッケー以外の人気スポーツも紹介します。英文サイトsporty ghostを参照に紹介します。

アイスホッケーカナダの国技・ナショナルホッケーリーグ(NHL)は、カナダとアメリカで設立。現在7つのプロチームがカナダにあります。セミプロやアマチュアのチームもあり、日本ならサッカーや野球と同じくらいでしょうか。
バスケットボールバスケットボールの発明は、1891年にカナダ人のジェームズネイスミスが発明した。1900年以前にカナダでプレーされた記録があります。
サッカーサッカーはカナダでも長く人気がある。カナダの女子サッカーチーむは、2012年ロンドンオリンピックで3位を獲得。
ラグビー1823年にカナダに導入。1991年のW杯の準々決勝に進出。
ラクロスカナダでも最も古いスポーツの一つ。現在、特に女子のチームが世界トップクラスの一つに。
野球1990年代が黄金時代。1992年と1993年に、2回連続でワールドベースボールシリーズを獲得。
カナディアンフットボールアメリカンフットボールに非常に良くたスポーツです。カナダでは、スポーツの人気ランキングなら、アイスホッケーの次に位置します。国内では8つのチームからなるプロリーグがあり、優勝決定戦のグレイカップは、国内最大の以前とです。
クリケットイギリスでは上流階級のスポーツとされています。移民とともに、イギリスからカナダに入ってきました、
カーリング氷の上で行うウインタースポーツです。長野オリンピックから冬季オリンピックの正式種目になっています。
テニステニスは世界中の人々に人気があるスポーツです。カナダで開催されるロジャーズカップ(カナダオープンとも言われる国際競技大会)があります。

 

カナダで人気のスポーツブランド

カナダ発の人気スポーツブランドを紹介します。

Lululemon(ルルレモン)1998年にカナダのバンクーバーで誕生したブランド。着心地やファッション性で、女性にアピールし、世界的ブランドに成長したが、2013年には、品質低下がユーザーから指摘をされ、炎上したが、その後に回復。
Roots(ルーツ)1973年にマイケル・バドマンとドン・グリーンによって設立されました。靴会社としてスタートしました。現在では北米に120店舗を展開しています。
Arc ‘teryx (アークテリックス)1989年にカナダのノースバンクーバーで設立された。
Herschel (ハーシェル)2009年にカナダ・バンクーバーで設立された。少しレトロでクラシック感じのバックパックを中心に、ファッションアイテムを販売している。
Canada Goose(カナダグース)1957年にカナダ・トロントで創業。ダウンはカナダで製造されている。厳選した高品質のダウンのみを使用している。タウンで着用するには、オーバースペックと思われるが、実に売れているカナダグースの機能性の高さがブランドになっていると思われる。

 

カナダへのスポーツ留学

カナダは、さまざまなスポーツが盛んな国として知られています。

特に冬のスポーツは1年中楽しめますし、そのレベルは世界的。冬季オリンピックに作られたトレーニング施設を利用できるのも有益です。大学には、トレーナー育成やスポーツマネジメント、サイエンス等の専門コースが豊富にあります。

スポーツ留学には、2つあります。

アスリート養成とスポーツビジネスです。

前者は、世界に通用するレベルを目指すものです。トレーニングだけではなく、体力・言葉・考え方などを学びます。

後者は、選手を育てるコーチ・トレーナー、あるいはエージェントを目指すものです。世界で活躍するアスリートを支えるための経験・技術・言葉を学びます。

カナダがスポーツ留学先に選ばれる理由は、環境が良いことと、移民が多く多国籍の料理があること、そして英語を学びやすいことと言われます。

環境がいいというのは、自然が多いことですが、具体的には大気汚染のレベルが非常に低いのです。東京よりだいぶ低いです。

英語についても、カナダの英語はアクセントのクセなどがなく、英語留学する人も多く、語学学校やプログラムなどもたくさん揃っています。

 

カナダスポーツの歴史を深掘り

カナダは、普段からスポーツを楽しむ国民性もあり、冬のオリンピックだけではなく、モントリオールでは夏(1976年)季オリンピックが開催された歴史もあります。

そのようなカナダ人に最も人気があるのは、やはり、アイスホッケーです。58万人もの人がアイスホッケーの競技者登録をしているということです。1917年には、プロリーグがカナダで接され、その後アメリカへ拡大した歴史があります。

3年後の1920年にアントワープ五輪(ベルギー)から1952年のオスロ五輪(ノルウェー)までの7つの五輪で金メダルが6回、銀メダルが1回という、圧倒的な強さを示しました。その後は、他の国も強くなり、次に金メダルを獲得するソルトレイクシティ五輪(2002年・アメリカ開催)まで50年も要しました。その後は2010年のカナダ・バンクーバー五輪でも金メダルを獲得しており、とにかくアイスホッケーでは強い国です。

 

関連記事一応

  1. 海外旅行先各国の役立つ知識情報
  2. カナダに1年間滞在した体験からカナダについてのまとめ
  3. カナダでの語学留学|学校選びと留学のメリット
  4. カナダのオタワ|観光の魅力に迫る|1年間滞在した経験からAさんが解説
  5. カナダの料理はまずい?モザイク国家ならではの料理
  6. カナダワーホリ|申請からの手順!仕事はサイトかウォークイン
  7. カナダで有名な人気スポーツ!カナダ発祥のスポーツもある
  8. カナダスポーツの人気ランキングとブランド!(当記事)
  9. カナダは想像以上にフランス語が使われている国

コメント

タイトルとURLをコピーしました