海外旅行の持ち物をリスト化|女性専用+行き先別

スポンサーリンク
持ち物

旅行は楽しみだけれども、準備が億劫と思う方も多いのではないでしょうか。

特に女性は女子ならではの持ち物もあるため、準備にも時間がかかってしまうものです。

 

さらに行先によっても持ち物が変わるため、何が必要なのかだんだんと分かんらくなる人も少なくはありません。

そんな方のために、今回は女子に必要な旅行の持ち物を行先別に紹介します。

 

 

スポンサーリンク

海外旅行の持ち物を女性専用のリストにまとめた|貴重品

海外旅行 持ち物

絶対に忘れてはいけない持ち物、貴重品です。

 

これらの持ち物は全て、必ず機内持ち込み用のバッグに入れて下さい。

そして肌身離さず持つようにしましょう。

  1. パスポート
  2. 航空チケット(eチケット)
  3. 日程表
  4. スマートフォンと充電コード、モバイルバッテリー
  5. 財布
  6. 現金(日本円、現地通貨)
  7. クレジットカード、デビットカード(国際キャッシュカード)
  8. 緊急連絡先のメモ(レンタルしている場合は)Wi-Fi、(加入している場合は)海外旅行傷害保険証

これらの持ち物のうち、海外旅行では必須のモバイルバッテリーですが、預け入れ荷物には入れることができないので注意して下さい。

 

万が一入れてしまった場合は、荷物を開けて破棄される場合があります。

現金に関しては、クレジットカードやデビットカードを中心に使うのであれば、たくさん持っていく必要はありません。

ですが、海外旅行ではカード類は磁気不良やATMでカードが出てこない、というトラブルがあります。

カードを中心に使う場合でも、現金は持っていた方が良いでしょう。

 

海外旅行に持っていく現金の目安ですが、現地通貨に換金する事を想定して、日本円なら1万円札、米ドルなら100ドル札を持参して下さい。

お買い物好きの女子なら、万が一に備えて多めにあると安心かもしれません。

 

現地通貨に関しては、現地の空港で両替もできます。

海外旅行では現地到着時間によって両替場が開いていな事もあります。

心配な女子はあらかじめ換金しておくと安心です。

 

また、クレジットカードのキャッシングを利用しても良いです。(事前申し込みが必要)

両替よりも、ATMの時間が長いこと、手数料がやすいこと、など非常に便利です。

あまり大きな金額を現金で持ち歩くよりも、少額のキャッシングを何度かする方が、安全です。

 

スポンサーリンク

海外旅行の持ち物を女性専用のリスト|服・化粧品・電化製品・小物

分かりやすいように、必須な持ち物は分類しました。

 

服類

 

下着、靴下(宿泊日数分、5泊6日なら5日分)、靴、服、衣類圧縮袋、タオル、ハンカチ

海外旅行では、空港内など予想以上に歩くので、靴は履き慣れたものを履いていきましょう。

 

でも女子だから、おしゃれもしたいですよね。

そういう場合は、パンプスを1足入れるといいでしょう。

靴を現地で買おうとすると、日本人女子の足に合わない場合があります。

靴ズレを起こしてしまうと、残りの旅行が楽しくなくなってしまいます。

 

持ち物の中で服が多すぎて、なるべく減らしたいという女子は、シンプルなワンピースを1着持っていくのがおすすめです。

ちょっといいレストランやホテルに行く時にも使えます。

スカーフや大きめのアクセサリー小物などを足すと、アレンジも効きます。

 

海外旅行では、日本人の女子はスリなどに狙われやすいため、あえて安い服を持っていくのも手です。

欧米人の海外旅行客は女子でもTシャツにスキニーという方が多いです。

タオルはたいていのホテルにありますが、ビーチで泳ぐ場合などは小さめのタオルを持ち物に入れておいてもいいでしょう。

 

生活必需品

 

コンタクトレンズ、メガネ、薬、サプリメント

コンタクトレンズは、海外旅行ではワンデーをおすすめします。

ワンデーだとレンズをなくしてしまった時のために、多めに持っていくことができます。

また洗浄液を持っていかなくてもよいので、持ち物を減らすことができます。

 

サプリメントや薬に関しては、持っていく事をおすすめします。

慣れない海外旅行で体調を崩してしまうこともあります。

忘れがちなのが、酔い止めのお薬です。

酔いやすい方や、ダイビングやクルージング、アトラクションに乗る可能性のある方は持参するとよいでしょう。

 

 

化粧品類

 

メーク落とし、化粧水、乳液、洗顔料、化粧品、日焼け止め、くし、フェイスマスク、ホットアイマスク

持ち物の中でもかさばるのが、化粧品類です

 

このほかに、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーがありますが、たいていのホテルではついています。

洗顔料に関しては、アメニティで入っていないことが多いので、女子は持っていく事をおすすめします。

 

化粧品類は液体のものが多いので、小分けにするか試供品や旅行用のセットを用意して下さい。

機内に持ち込める液体の量は制限がありますので、機内持ち込みバッグに入れる場合は特に注意が必要です。

フェイスマスクやホットアイマスクは必ず必要ではありませんが、あると女子にはとても快適なのでおすすめです。

 

 

そのほかの小物類、電化製品など

 

ガイドブック、時計、カメラ、ヘアゴム、ヘアーアイロン、ドライヤー、海外用電源プラグ変換アダプター、変圧器、ウエットティッシュ、ティッシュ、生理用品、帽子、サングラス

電化製品を持っていく場合は、プラグ変換アダプターと変圧器が必要な国かどうか確認して下さい。

 

日差しのきついところでは、日焼け止めだけでは安心できません。

女子にとって、帽子とサングラスは必需品です。

 

 

海外旅行の行き先によっては必要な持ち物

 

雨具、水着、ビーチサンダル、防寒着

水着はリゾート地なら、買うのも楽しみです。

しかし、海外の水着にはパッドが入っていない事があります。

日本人の女子にとっては不安なので、1着持っていくと安心です。

 

 

機内持ち込みカバンに入れておくと良い持ち物

 

ネックピロー、マスク、アイマスク、耳栓、着圧ソックス、パーカーなどの防寒着

これまでにご紹介した持ち物のうち、ウエットティッシュ、ティッシュ、ハンカチ、スリッパは機内持ち込みカバンに入れておくとよいでしょう。

特に女子にとって、お肌の乾燥を防ぐマスクとむくみを防止するための着圧ソックスは必須です。

 

 

スポンサーリンク

海外旅行の持ち物を女性専用のリスト・その他

S字フック、輪ゴム(髪の長い女子はヘアゴムで代用可)、ジップロックのようなチャック付きの小物入れ、大きめのゴミ袋

S字フックは、シャワーを浴びるときにかけるのに使ったり、バスでカバンを吊るしたりと、あると何かと便利です。

輪ゴムやヘアゴムは、食べかけのお菓子を留めておいたり、コード類を束ねたりするのに使えます。

大きめのゴミ袋は、使用済みの下着や濡れた衣類などを入れるのに使えます。

 

 

スポンサーリンク

旅行の持ち物|女性必見!行き先別持ち物チェック

男性と違って女子は行先によって持ち物が変わります。

そこで、女子人気の旅行先ごとに持ち物をチェックしてみてください。

 

ここでは基本の持ち物以外で、女子が持って行くとよい持ち物を紹介します。

 

ハワイ旅行の持ち物で女性に必要なもの

ハワイ

ハワイ旅行で持ってきたい女子の持ち物

・サンダル
・水着
・ラッシュガード
・日焼け止め
・帽子
・サングラス
・ボディケア用品
・ウエットテッシュ
・フェイスパック
・薄手のアウター

ハワイもビーチで楽しむことができので、水着やラッシュガードは必須です。

日差しも強いため、日焼け対策はしっかりしてください。

現地でも日焼け止めを購入することはできますが、肌に合わないこともあるので日ごろ使っているものを持っていくことをおすすめします。

さらに、日焼けをしたときのためにボディケア用品を持参しておくと安心です。

 

 

ヨーロッパ旅行の持ち物で女子に必要なもの

ヨーロッパ

ヨーロッパ旅行で持ってきたい女子の持ち物

・帽子
・UVカットのパーカー
・日焼け止め
・防犯グッズ
・フォーマルウェアまたはワンピース
・お土産を包むプチプチ

ヨーロッパでもビーチを楽しみたい人は水着やサンダルを持って行きましょう。

また、ヨーロッパは犯罪も多く観光客を狙った荷物の置き引きやスリなども多発しています。

ワイヤー錠や防犯ブザーなど、防犯グッズも用意しておくと安心でも。

 

そしてもう一つあれば便利なものが梱包材のプチプチです。

ヨーロッパではワインをお土産にする人も多いはず。

持ち帰るために便が割れないよう、お土産を包む梱包材を持って行くことをおすすめします。

 

 

韓国旅行の持ち物で女子に必要なもの

韓国

韓国旅行で持ってきたい女子の持ち物

・衣類消臭剤
・口臭剤
・折りたたみバッグ
・ウエットテッシュ
・防寒具(冬)
・マスク

韓国には美味しいグルメがたくさんあり、焼肉やキムチ、トッポギ鍋など香辛料を使った料理も人気です。

しかし気になるのが匂いではないでしょうか。

そこで、衣類の消臭剤や口臭剤を持って行くことをおすすめします。

また、レストランではおしぼりは出てこないので、ウエットテッシュを持って行くと良いでしょう。

 

 

シンガポール旅行の持ち物で女子に必要なもの

シンガポール

シンガポール旅行で持ってきたい女子の持ち物

・日焼け止め
・帽子
・虫よけ
・小さめのビニール袋
・折りたたみ傘、晴雨兼用傘
・制汗剤
・ストール、羽織るもの
・フォーマルな服またはワンピース

 

シンガポールは四季のない熱帯性モンスーン気候です。

一年中気温が高く、平均気温は26〜27度で高温多湿。

そのため、突然雨が降り出すスコールに備えて折り畳みの傘を持っておくと安心です。

日差しも強いので、晴雨兼用傘を使うのも方法です。

また、雨上がりの後は蚊が発生しやすいので、虫よけと塗り薬も用意しておきましょう。

 

 

セブ島旅行の持ち物で女子に必要なもの

セブ島

セブ島旅行で持ってきたい女子の持ち物

・サンダル
・水着
・ラッシュガード
・日焼け止め
・帽子
・サングラス
・ボディケア用品
・虫よけ
・水に流せるポケットティッシュ
・ストールや羽織るもの
・レインコート

 

セブ島も人気の海外先です。

日差しが強いセブ島では日焼け止めをしっかり塗って予防してください。

またセブ島は、ホテルのトイレ以外の一部を省きトイレットペーパーがありません。

そのため、水に流せるポケットティッシュを持って行くことをおすすめします。

 

 

番外|沖縄旅行の持ち物で女性に必要なもの

沖縄

沖縄旅行で持ってきたい女性の持ち物

・サンダル
・水着
・ラッシュガード
・日焼け止め
・スキューバダイビングのライセンス
・日傘、帽子
・薄手のアウター
・ラッシュガード
・ETCカード(レンタカーを借りる場合)

 

沖縄ではマリンスポーツを楽しむ人も多いはずです。

スキューバダイビングを楽しむ方は、ライセンスを忘れずに持って行きましょう。

また、現地ではレンタカーを借りて移動する方が便利なので、あればETCカードを持参してください。

とは言え沖縄は国内なので、忘れたら現地調達することも可能です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

行先や季節よっても持ち物は変わります。

ビーチを楽しみたい人は、水着やラッシュガードだけでなく日焼け止め対策グッズも忘れないようにしてください。

また、海外は日本よりも治安が悪く女子は特に注意が必要です。

そのため、防犯グッズもしっかりと用意してくださいね。

 

 

  1. 海外旅行に5日間おすすめの旅行先とプランをご紹介します
  2. 海外旅行2泊3日で行けるオススメ海外旅行先5選!
  3. 海外旅行のひとり旅で不安なことは?
  4. 海外旅行のキャンセル料がかかるのはどんなとき?
  5. 海外旅行の予算が100万あればどこに行く?おすすめ旅行プラン
  6. 海外旅行を楽しむために!個人で現地ガイドを雇うメリット・デメリット
  7. 海外旅行に靴は何足持って行く?行先別靴の選び方と靴の持って行き方
  8. 海外旅行に変圧器はいらない?変圧器と変換プラグについて
  9. 海外旅行のキャリーケースでおすすめの大きさの選び方

コメント

タイトルとURLをコピーしました